脱毛エステ 選び方

最新の全身美容!「キャビテーション」って何?

「キャビテーション」って何でしょう?聞きなれない言葉ですよね。しかし最近、エステ業界で話題になっている、新しい痩身の技術なんです。さて、どのような技術なんでしょうか。くわしく解説してまいります。

キャビテーションとは、直訳すると「空洞現象」といい、液体の中の圧力によって泡が出来たり消えたりすることをいいます。これがどう痩身に繋がるのかといいますと、痩せたい部分に特殊な超音波を当て、脂肪の膜を壊して、その奥にある脂肪の細胞をこの空洞現象を利用して溶かして流す、というところから、キャビテーションと呼ばれています。ピンポイントで超音波を当てるため、部分痩せに大いに力を発揮します。脂肪の細胞そのものを流してしまうため、リバウンドもしにくいといわれています。

メスなども使わずに出来る脂肪吸引として注目されているキャビテーションですが、実際安全性はどうなのかな、と不安な方もいらっしゃるのではないでしょうか。キャビテーションは、臨床検査で安全性が実証されていますし、医療でも使われています。施術中は温かくて気持ちがいいという感想を持つ方も多くいらっしゃいます。効果は人によって個人差はあり、効果を実感出来ない、という方も中にはいますので、まだ、夢のような痩身技術!とまではいかないようです。しかし、部分痩せに効果あり・リバウンドしにくい、となると、かなり魅力的な痩身エステですよね。

価格は一回約60~120分程度で約1万円~4万円程度(サロンによって異なります。)。やはりそんなに安くはありませんね。痩身エステは基本、継続的に通うことが必要ですから、とりあえずまずは体験や、もしくは初回は安く設定しているサロンもありますので、そこで試してみて、ご自分に合うか見定めてから始めてみましょう。

どんどん進化する痩身エステ業界の技術。新しいものが次々と出てきて情報が追いつかない!というのが正直なところ。今こうしている間にも、もっといいものが、もっと効果的なものが…と、目まぐるしく変わっていきます。今はこのキャビテーションを最新とご紹介しましたが、きっとまた新しい技術が現れるかもしれませんし、それが古い技術より優れているか・自分に合うかは人それぞれ。新しいもの好きのあなた!すぐに「最新」に飛びつかず、よく調べて吟味して、自分にとって良いものを見つけてください。

やせるならどっち!?ジムorエステティック

痩せたい女子からよく聞く、こんな質問。
「痩せるなら、ジムとエステどっちがいいの?」
そしてよく聞くのが、こんな回答
「ただ寝っ転がって気持ちよく痩せるなんて、そんなうまい話あるわけないじゃん。ジムでしょ!」
という根性論や、
「いくら運動しても痩せないのに、ジムに行ってもお金の無駄。だからエステ!」
という楽々論。

この回答、本当か嘘か。それは、人による・体質による・性格による…など、誰しにも当てはまるものではない!と思いませんか?ここでは、はたして自分にはジムとエステ、どっちが合うのかな?というのを明らかにするため、ジムとエステのあらゆるメリット・デメリットを並べて比較をしてみようと思います。

比較ポイントは3つ。まずは「金銭面」。実際にどちらが安いか、一概に言うことは出来ません。やりたいコースの料金をそれぞれ調べ、さらに通う予定期間・回数を考慮して計算してみましょう。

2つ目のポイントは「継続性」です。まずエステは予約さえ取れば、後はサロンに行けばいいだけですよね。一括払いなどで支払い済みだと、さらに「行かなきゃ!」という気持ちになれます。ですが、自分で体を動かすジムと違って、いわば「人任せ」であるため、積極性が無いとかえって外出が億劫になってしまう可能性もあります。そしてジムですが、やはり運動が苦手・嫌いな方が「続くかな~」と不安を持つ方が多くいらっしゃいます。しかし、自ら体を動かすジムは、運動の達成感と、例えば体力が付いた・体がやわらかくなったなど、ダイエット以外の効果を得られる方もいて、はまれば継続しやすいとも言えます。

3つ目は「習慣性」です。これは、ジム・エステにもし通い終わった場合、その体型を維持するために習慣的にそれに準じたことを出来るかという問題です。どちらも気を付けるのは、食事と運動ではありますが、リバウンドしないために意識を向け続ける事は案外難しいかと思います。エステでは、施術期間中から日記をつけてもらうサロンが多くあります。その日に食べたものなどを記入して、体調管理をしっかりしていくためです。それにしたがって、食生活や運動習慣を見直し続けることは出来そうでしょうか?ジムは、運動する習慣が身につくという方が多くいらっしゃいますが、運動後のドカ飲み食いを抑えて続けられそうでしょうか?

痩せるのはジムまたはエステに100パーセント任せてはいけません。自分の身体ですから、自己管理をきちんして自己責任で通うべきです。通い終わった後にそれを痛感する人が、リバウンドの餌食になります。怖いですね。

ジムとエステ、どっちが痩せるか、最終的に判断するのは、友達でもネットの質問サイトでも口コミでもありません、あなた自身です。お金を払うとはいえ、痩せたいというあなたの願いをお手伝いしてくれるのですから、自分の目で確かめて慎重に選んでいただきたいと思います。

継続は力なり?痩身サロンはなぜ都度払いが少ないの?

近年のエステサロン業界、以前は高価で手が届かない人が多かったですが、かなり庶民的になってきました。安く気軽に受けられるサロンが増え、今では学割なんてものがあるくらい、低所得者でも通える程になりました。それでも出費はつきもの。痩身サロンに行きたいけど、○回いくらの一括払い、つまりコース料金が多くて、払えなくてあきらめてしまう方。探せば1回ごとの都度払いもありますが、なぜこうした一括払いのコースが多いか、ご存じですか?

その理由は二つ。一つは予約金として先にいただき、予約も一緒にとってしまうため。人気のサロン、予約が取りづらいサロンでは、こうしてあらかじめ予約を取っておくと、手間も省けて安心ですね。もう一つは継続的に通うことで効果が得られるため。通う側としても、支払ってしまえば「行かなきゃ損!」と思ってしまうもの。くじけず通うためにはある意味良い薬になりそうです。コースはサロンによってサービス内容が異なります。あらかじめ調べておきましょう。

都度払いにすると、たいていの場合料金は割高になります。それにお店のキャンペーンなどで割引があっても、コースでそのサロンの会員になってないと、対象外にされるケースも多くあります。それでもやはり都度払いにしたい理由はありますよね。例えば生理や急な用事で予約した日を休まなきゃいけなくなった場合、もし支払い済みだとキャンセル料はどうなるの?とか、収入や仕事の予定が安定しない方とか、人によって状況はさまざま。ご自分の状況やお財布事情を考慮しながらどちらにするか選ぶといいでしょう。

簡単に申しますと、一括払いのコースは予定や期間など、エステでやりたいことがちゃんと決まっている方にお勧めです。逆に都度払いは期間を決めていない方や、気が向いたらたまに利用したい、なんて方にお勧めです。ご自分の状況に合わせて、よく調べたうえで利用しましょう。

痩身エステ後も油断大敵!リバウンド回避のポイント3つ

痩身エステで効果が得られたとしても、その後の生活でリバウンドをしてしまったら台無し。そこで、エステ後もリバウンドをしないためのポイントを3つご紹介いたします。

一つ目のポイントは「食事」。エステの直後は代謝が良くなっていて、老廃物が身体から出やすくなっていると同時に、逆に摂取したものが吸収されやすくなっています。「施術後2時間は食事をしないでください」と言うサロンが多くあるのはこの理由からです。日常的にも代謝が良くなって、老廃物の排出が盛んになると、その分身体は食べ物を欲しがります。その際、一気に満腹まで食べてしまうのは禁物。ちょっとの間食はOKにして、お腹が空かない程度にこまめに食べる、いわゆる「ちょこちょこ食い」の方が良いと言われています。もちろん、栄養バランスは保って、脂肪分は控えましょう。

二つ目のポイントは「運動」。エステのすぐ後は高い代謝も、何もしなければ元に戻ってしまいます。脂肪を燃焼するための運動ではなく、高い代謝を保つための運動をしましょう。代表的なものは、ウォーキングなどの有酸素運動が、肺や心臓の筋肉を鍛えられ、続けやすいとされています。もちろん、ダンベル運動やランニングなどでも鍛えられます。運動は今までエステに通っていた代わりとして習慣的に行うようにしてください。

三つ目のポイントは、すべての基本「精神面」。というと、堅苦しい根性論という印象かもしれませんが、そうではありません。もちろん、油断は禁物ですが、ここでお話するのは心を維持するための方法論です。あれしなきゃ、これしなきゃ、それは食べちゃダメで…と、頭で考えていると混乱し、よくわからない不安に襲われては台無し。そんな時は、紙に書き起こしてみましょう。食事について、何をどれだけ食べたか記入してチェック・運動は何を何分やるか、実際何分やったかを記入してみましょう。考えているだけより、より客観的に見れて冷静に自分の状態が判断出来ます。エステも受けていた際にエステティシャンに言われて付け始めた日記などがあれば継続して付けることをお勧めします。

そしてもっとも大切なことは、担当のエステティシャンの注意事項をよく聞くこと。自分の体質を良くわかって施術してくれていたわけですから、自分に合ったアドバイスをしてもらえますので、エステが終結する前に良く聞いておきましょう。

せっかく手に入れた理想の身体。すぐ元に戻ったらお金も時間も心だってもったいないですよね。変化した自分の身体と上手く向き合い・付き合い、きれいで健康的な身体をぜひ維持していってください。

知らずに使っていませんか?エステでよく聞く「超音波」って何?

「超音波」。この言葉、最近よく耳にしませんか?超音波とは、人の耳では聞くことは出来ないような、1秒に2万回以上振動する高い音のことです。一見日常には関係なさそうなこの言葉、なぜ最近よく聞くのでしょう。それは、エステなどの脱毛や美顔等施術に、多岐にわたり使用されているからです。家庭用のエステグッズでも超音波を使うものが販売されています。でも聞きなれない科学的な言葉。本当に効果はあるのでしょうか?それに、安全性も心配ですよね。

では、超音波がお肌にどのような効果をもたらすのでしょうか。主に、アンチエイジングの効果を期待出来ます。この超音波の振動が肌に浸透することで、肌の弾力が高まってたるみを修正します。さらに血液・リンパの流れがスムーズにし、新陳代謝を上げる効果もあり、古い角質・汚れなどの老廃物を排出する助けをしてくれます。

この超音波、身体に害はないのでしょうか?よく知られている利用例と言えば、医療の現場で、お腹の赤ちゃんを見る時などに使用されていますので、安全性は医療が証明しています。ひとつ注意は、超音波機器使用時に肌に塗るジェル。の伝導性を高めることが目的ですが、美容成分が含まれているものもあります。超音波の自宅で使用する際は肌に合うものを使用しましょう。

効果を得られているかは人それぞれ個人差がありますが、多くの人は効果を実感出来ているようです。しかし、代謝を活性化させる効果があるなら、ダイエットの補助として、大いに力を発揮してくれるでしょう。ちょっと怖い印象のあった超音波ですが、知ってしまえば大丈夫ですね!

小顔エステ後は?表情筋を鍛えて若さを保て!

サロンなどで小顔エステをしてもらっても、やはり年齢に伴う老い・しわはやっぱり心配ですよね。それにせっかく小顔を手に入れたのに、またたるんできたらどうしよう…なんていう心配はありませんか?しわ・たるみ対策って、何か出来ないかな?そういえば、表情筋を鍛えるといいってよく聞きませんか?そこで、小顔エステ後だからこそやっていただきたい、顔の表情筋の鍛え方、ご紹介します。

そもそも、表情筋とはなんでしょうか?その名の通り、顔や目・鼻・口などを動かし、表情を作る筋肉のことです。日常生活では表情筋全体の30パーセント程度しか使っていないと言われています。もちろん、使わなければ使わないほど衰えますし、年齢を重ねるほど衰えます。その衰えは、しわやたるみとして顔に現れます。

では、表情筋って、どうやって鍛えればいいのでしょうか?顔のパーツや表情筋の種類によって鍛える方法はたくさんありますが、簡単なものを二つご紹介します。

一つ目は、「顔を開いて閉じる」。大きく目も口も華も、顔全体を開きます。その後、顔の真ん中に顔のパーツをすべて集める意識で目も口もつぶります。これだけでも毎日続ければ、顔の筋肉の可動域がひろがります。

二つ目は、「舌で口の中をなぞる」です。舌の先で鼻の下→右頬→顎→左頬、と丸くなぞってみましょう。反対周りもやってみてください。舌がかなり疲れてくると思います。舌が下がると口角も下がってほうれい線が出来やすくなりますので、しっかり鍛えましょう。

表情筋を鍛えることは、小顔のためやしわ・たるみの予防だけでなく、日々生活していく中で表情豊かに暮らせるようになります。表情が開放的になると心も不思議と晴れてくるものです。まさに一石二鳥のトレーニングですね。とても簡単なので、ぜひ日常的に取り入れてみてください。

脇の脱毛エステをすると、脇汗が多くなるって本当?

脇の脱毛エステ、よくこんなウワサを耳にしませんか?

脇汗が多くなったような気がする!
脇のにおいが気になるようになった!

これらのウワサ、迷信などではなく、ちゃんと根拠があることなんです。ここでは、脇の脱毛と汗やにおいなどの「気になる」ことについてお話いたします。

その「気になる」、それこそが実は、汗の正体なんです。みなさんは「精神性発汗」という言葉を聞いたことがありますか?簡単にご説明しますと、冷や汗や、緊張して汗をかく、というように、精神的なものが原因で汗が出てくる状態のことをいいます。この脱毛エステによる脇汗も同じで、脇の脱毛をして脇を気にするあまり、汗をかいてしまうということになります。そして、脇汗をかくとその汗が気になって更に汗をかき、もっと汗をかいてしまうのではないかという「予期不安」からまた更に汗をかき…という悪循環に陥ってしまいます。また、汗が気になって脇にタオルや汗取りパットなどを挟んでみても、その挟んだものが気になっちゃってまた汗が…と、とにかく「気になる」こそが汗の原因なんです。

においに関しては、汗の副産物です。精神性発汗によって出てくる汗は、「エクリン腺」という汗腺から出てきますが、この汗腺から出る汗は、自分ではにおいがわかっても、他人にはわかる程度のにおいではありません。脇脱毛をするとワキガになる?というウワサもありますが、ワキガの原因である汗は、これとは別の汗腺から出るものですので、ワキガになるということはありません。

では、この気になる汗はどうしたら止まるのでしょうか。方法を2つご紹介します。まずは「気にしない」ということ。つまり、慣れれば忘れておさまるという一時的なものであると理解しましょう。不安というのは、わからないものに対して持つ感情ですので、この汗に対して正しい知識と原因を知っておきましょう。

それでも汗がおさまらない場合は、医師に相談しましょう。まずは身体的な原因は無いか皮膚科で診ていただき、それでも原因が無ければ心療内科に行きましょう。治療としては精神療法・自律訓練法・カウンセリングなどがあります。最近は汗を抑える注射による治療を行っている病院もあります。

「病は気から」とよく言いますが、まさしくこの脇汗は典型的な例だと言えます。せっかくエステできれいにしてもらったのに、汗とにおいで気分も台無し、着たい服も着れないなんてもったいないですよね。脱毛と汗・においの関係性を正しく理解して、脇を「気にせず」快適に過ごしましょう。

グアムでボディトリートメント!サロンの予約ってどうすればいいの?

南国の楽園・グアムで海!プール!お買い物!満喫したら身体が疲れちゃった…。やっぱりグアムと言えばもうひとつ!エステに行って全身ボディトリートメント!身体も心も癒されたい!…なんて、夢のような贅沢な旅行プランがあってもいいと思いませんか?でもグアムのエステって、どうやって予約したらいいの?値段は高いのかな?そんな不安疑問にお答えしてまいります。

予約の方法は主に2つあります。一つは、旅行代理店が主催するツアーに、宿泊などと一緒にエステが含まれているというものです。航空機や宿泊と一緒に予約が一気に済んで、面倒な旅の手配が簡単に終わるのは、とってもラクですよね。しかし、サロンを選ぶ幅は狭くなってしまいます。

そこで2つ目は、グアムのエステを特集しているHPから予約をする方法です。ツアーのように一気に予約というわけにはいかず、手間は少々掛かりますが、いろいろなサロンと比べながら選ぶことが出来ますし、施術のコースもお好みで選ぶことが出来ます。コースは日本では聞きなれない名前のものも多く、どういうものかよく調べてから予約をしましょう。

いずれもインターネットで買い物をするのと同じように、電話などで直接話をしなくてもインターネット上だけで予約が取れます。

価格は、1回60分ボディのコースで、約150ドル前後(店舗によって異なります)。日本円で15,000円前後で受けられます(為替レートで変動します)。安い買い物ではありませんが、せっかくのグアム、少しの贅沢も自分へのごほうびで、自己投資してあげるのもたまにはいいのではないでしょうか。

グアムでエステって、ハードルが高いような気がしてたけど、案外簡単に予約出来るものなんだな~という印象を持った方、多いのではないでしょうか?さて、予約をしたらいよいよグアムへ!楽しい癒しのひとときをお過ごしください。

マタニティブルーを乗り越える!上手なエステの使い方

妊娠中の方で、エステやリラクゼーションの施設に行きたくても、「妊娠中の方はご遠慮ください」の一言に門前払いを喰らったという方、多くいらっしゃるのではないでしょうか?それでも妊娠中は精神的にも不安が起こりやすいもの。妊娠中でも、いわゆる「マタニティブルー」って起こるのです。でもそんな時こそ、リラックスしたい!そこで今注目されているのが「マタニティエステ」です。ここでは、マタニティブルーと、その解決策の一つとして「マタニティエステ」をご紹介します。

そもそもマタニティブルーとは何故起こるのでしょうか。マタニティブルーは、本来出産後に出産によってホルモンバランスが崩れて、一時的に情緒不安定になることを言います。もちろん、出産という大事業を成し遂げたのですから、その身体的・精神的な負担はかなりのもので、それも相まって突然涙が溢れたり、不安になったりするわけです。

では、妊娠中のマタニティブルーとは何でしょうか。原理的には出産後と一緒で、ホルモンバランスの乱れによるものです。ただ、出産・育児に対する不安や、妊娠による自分の身体の変化で、あらゆることが制限されていることに対する閉塞感や不自由さにイライラを感じる方が多くいらっしゃいます。身体も重くなって肩や腰に負担がかかってしまったり、「二人分だから…」と食べ過ぎてしまうことで、産後の体重を心配される方もいます。

そんな難儀な妊婦さんに救いの手、「マタニティエステ」とは、どのようなものなのでしょうか。主なものは、妊娠期のホルモンバランスの崩れによる肌荒れのケア、臨月の頃に出てくる皮膚の亀裂である「妊娠線」の予防、そして特に、妊娠期に起こりやすい肩こり・腰痛・背中痛にやさしいオイルマッサージを施すサロンが多くみられます。いずれもリラクゼーションも目的に、妊婦さんにリラックスした癒しの時間を提供していただけます。(サロンによって施術内容は異なります。直接サロンにお問い合わせください。)

マタニティエステを施術している多くのサロンが、妊婦さんの精神的な負担や不安を鑑みて提供しているように見受けられます。やはりいつもと違う身体ですから、身体のケアだけでなく、その身体を受け入れるための心のケアにも力を入れているということですね。

妊婦さんがストレスを感じると、お腹の赤ちゃんにも影響します。妊娠期は身体も重くて動きたくないって思うかもしれませんが、一歩外に出てサロンに行ってみてはいかがでしょうか?案外家でジッとしてるより、リラックス出来たりするかもしれませんよ。

あなたに合った脱毛サロンの選び方のコツ3つ

大手から個人経営まで、街に多く軒を連ねる脱毛サロン。今20代~40代女性の約5割がサロンに行ったことがあるといわれており、店舗数はますます増える傾向にあります。しかし…。

脱毛サロンって、たくさんありすぎてどれが良いのかわからない!
自分好みのサロンを見つけたい!
お金払って後悔したくない!

こんな風に考えている方も、多いのではないでしょうか?そこで、あなたに合う脱毛サロンの上手な選び方のコツを3つ、お教えいたします。

まず1つ目は「金額」。やはり安ければ安いほど嬉しいのは確かです。安すぎだと不安…というのもあるかと思いますが、とりあえず候補に入れておきましょう。脱毛したい部位によって金額はもちろん違いますし、複数部位セットでキャンペーンなんてこともあります。脱毛部位はちゃんと決めてから調べた方が効率的です。

金額で候補を出したら2つ目「口コミ」。サロンの紹介サイトのランキングで1位だから…と、すぐにそのサロンに飛びこむのはNGです。サイトによってランキングが違いますので、参考にするなら複数サイトを見てからにしましょう。口コミサイトは、投稿者の感じ方で書いています。字面通りに100パーセント真に受けないようにしましょう。しかし、複数人から同じような投稿があれば信憑性はもちろん上がります。また、古い情報も載っていますので、その口コミ情報が最新かどうか確認をしましょう。悪いことが書いてあっても、そんなに構えることなく、それがご自分が許せるという程度かどうか、それが重要です。口コミは「たくさんあるサロンの中から絞り込む」という使い方をしましょう。何はともあれ、百聞は一見にしかず、です。

そして3つ目、「お店の雰囲気」を“一見”しましょう。サロンの中には、肌のお悩みが相談できる「無料カウンセリング」や、無料体験・格安のキャンペーンを実施しているところもありますので、大いに利用しましょう。お店の雰囲気はもちろん、店員さんの対応や施術の技術など、いろんなサロンに行って比べてみるのもいいかもしれません。しかし、自分に不必要な勧誘には負けないようにしましょう。

人気のサロンには人気の理由がもちろんありますが、それが必ずしもご自分に合っているとは限りません。安い買い物ではありませんし、ご自分が一生付き合う大切な身体ですから、自分で調べて、自分の目で確かめて選んでみてください。素敵なサロンが見つかるといいですね。